国立にタピオカ専門店が続々オープン!

タピオカ

<閉店情報>

瑪蜜黛(モミトイ)国立店

2020年3月17日に閉店しました。
昨年オープンしたばかりなのですが、残念ながら閉店となってしまいました。

<開店情報>

MeeTea(米茶)

国立駅南口から徒歩に2分、旭通りにMeeTea(米茶)が、2019年11月3日オープン!

いまタピオカがブーム!

最近タピオカがブームになっています。いろんなところにタピオカ専門店がぞくぞくオープンしています。
うれしいことに、国立にもタピオカ専門店が続々オープンしています。

タピオカは、少し大きめの粒でもちもちした食感でほんのり甘みがあるスイーツです。
ミルクティーなどに入れて飲むのが、最もポピュラーな飲み方だと思います。

タピオカって何から作られるか知っていますか?
タピオカの原料は、原産地が南米の「キャッサバ」というイモの一種です。

デンプンと混ぜて加工したタピオカの粒が日本に輸入されています。
お店ではそのタピオカの粒を茹でてつくります。

国立にもタピオカ専門店が続々オープン

オープン予定の店舗を含めると、国立に5店舗もタピオカ専門店ができます。
しかも南口の大学通り・旭通り・富士見通りと全ての通りにあり、国立駅からも数分で行けるので便利ですね。
お店によってタピオカドリンクへのこだわりが違うので、いろいろな種類のタピオカドリンクを楽しむことができますね。
時間があるときに国立のタピオカのお店巡りをるすのも楽しいですよ。

国立のタピオカ専門店

国立にできたタピオカ専門店がどこにできたか知っていますか?
まず今年5月、旭通りに「楽茶」、nonowa -west に「ブルプル(Bull Pull)」の2店舗がオープンしました。
今月の7月には、さらに2店舗オープン予定です。富士見通りに「烏煎道黒龍茶(ウーセンドウコクリュウチャ)」、大学通りに「瑪蜜黛(モミトイ)」です。
国立で最初にオープンしたタピオカ専門店は「タピオカ屋Credy(クレディ)」で、富士見通りに5年くらい前にオープンしました。ちなみに、立川には10店舗くらいタピオカ専門店があり、タピオカ専門店の激戦区なんです。
立川へ出掛けたときに、ちょっと立ち寄ってみると新しい発見があるかもしれません。

ミーティー(MeeTea・米茶) 国立店


Meetea(ミーティー)では、無添加100%手作りタピオカを店舗で作っています。
ドリンクには通常の2倍のタピオカが入っており、たっぷり満足できます。
ミルクティーも台湾高級茶葉を使用しており香りが豊かです。
《メニュー》

《店舗情報》

店名 ミーティー(MeeTea・米茶) 国立店
営業時間 11:00〜22:00
定休日 なし
電話 050-1026-1376
住所 〒186-0002
東京都国立市東1-14-11
ヴ・ルーム国立1F
Website https://meetea.jp/


ブルプル (Bull Pulu) nonowa国立店

国立駅のショッピングモールnonowa-west に、ブルプル (Bull Pulu)というタピオカ専門店がオープンしました。お茶とタピオカにこだわったタピオカドリンク専門店ということですでに人気です。ブルプル (Bull Pulu)は各地に積極的に出店しているチェーン店ですが、お店によってこだわりが変わるという特徴がウリのお店です。
ブルプル (Bull Pulu)の店舗はnonowa口改札を出て、約10秒でお店に到着する便利な立地です。
カップにプリントされたフレブルが可愛いです。

《メニュー》

《店舗情報》

店名 ブルプル (Bull Pulu) nonowa国立店
営業時間 10:00〜21:00
定休日 なし
電話 042-505-4850
住所 〒186-0001
東京都国立市北1-14-1 nonowa国立west
Website http://bullpulu.com/



楽茶 タピオカ専門店

楽茶は店主が台湾で200杯以上タピオカドリンクを飲み開発したメニューが豊富です。生タピオカや茶葉は台湾から取り寄せたものを使い、「日本人の口に合うように工夫している」とのことです。
場所は国立駅の南口ロータリーより旭通りへ進み、牛丼の吉野家を通り過ぎ、交差点を超えてすぐです。徒歩3分ほどでお店へ到着します。
店内は白が基調の清潔なイメージで、テーブル12席・カウンター6席あります。

《メニュー》

《店舗情報》

店名 タピオカ専門店 楽茶
( 2019.5.26 OPEN )
営業時間 1:00〜22:00
定休日 なし
電話 不明
住 所 〒186-0002
東京都国立市東1-15-27
Twitter https://twitter.com/6euScBYbtIf3Gis


烏煎道黒龍茶(ウーセンドウコクリュウチャ)

烏煎道黒龍茶は、タピオカ専門店は新小岩に日本第1号店がオープンし、世田谷、烏山、立川、二俣川と続々オープンしています。今年の5月末に立川駅南口に立川店がオープンして話題になっているタピオカ専門店です。
国立にも富士見通りファミリーマート向かいのビルに、烏煎道黒龍茶が2019年6月18日にオープンしました。国立駅より徒歩2分くらいの距離なので便利です。オープンしたら行ってみたいですね。

《メニュー》

《店舗情報》

店名 烏煎道黒龍茶(ウーセンドウコクリュウチャ)   国立店
2019.06.18 OPEN
営業時間 不明
定休日 不明
電話 不明
住所 〒186-0004
東京都国立市中1-10-8 ノア国立ビル1F
Twitter https://twitter.com/USENDOU_Taiwan


瑪蜜黛(モミトイ)国立店 【閉店:2020年3月17日】


瑪蜜黛(モミトイ)は、ベーグル&ベーグルが展開するタピオカ専門店のチェーンで、小僧寿しはそのFC店です。持ち帰り寿司「茶月」の跡地に7月16日にオープンしました!
どんなタピオカ専門ができるのか、オープンが待ち遠しいですね。

《メニュー》

《店舗情報》

店名 瑪蜜黛(モミトイ) 国立店
2019年7月16日 オープン
営業時間 不明
定休日 不明
電話番号 不明
住所 〒186-0004
東京都国立市中1-9-44 野木ビル1F
Website http://altego.jp/momitoy/


タピオカ屋 Credy(クレディ)

タピオカ屋 Credy(クレディ)の特徴は、ゆでたての生タピオカ!モチモチの食感を味わえるよう、冷凍を一切使わず茹でたてのタピオカを使っていますが、値段が安いのが魅力!タピオカ屋 Credy(クレディ)は茶葉にもこだわっています。厳選した高級茶葉を使用しているので、良い香りが漂ってきます。
タピオカ屋 Credy(クレディ)は、国立駅より富士見通りを進み、徒歩3分くらいの場所にあり、オープンして5年くらいのお店です。お店の外観はピンクなので、近くを通るとすぐに分かります。ちなみに、夜はカウンターバーに様変わりします。ちょっと謎のタピオカ専門店です。

《メニュー》

《店舗情報》

店名 タピオカ屋 Credy(クレディ)
営業時間 14:00〜19:00
定休日 不定休
電話 不明
住所 〒186-0004
東京都国立市中1-10-13 第二下山ビル1F
Website http://credy.0ch.biz/tapioca_menu.html