国立市でペットが死んだらどうする?

可愛がっていたペットが死んだら?

ペットって飼って育てることばかり考えてしまいますが、ペットも生きものなのでいつかは死にます。もし、可愛がっていた最愛のペット(ワンちゃん、ネコちゃん)が死んだらどうすればよいのでしょうか?国立市役所などへ何か手続きとか必要なのか、気になって調べてみました。

国立市役所ではペットが死んだら国立市の「ごみ減量課清掃係」へ連絡すると、いつでも(土日祝日除く)引き取ってくれるそうです。可愛いがっていたペットの引き取り先が、ごみ減量課清掃係というのが引っ掛かります…複雑な心境です。ペットって事故とか遭ったときも、器物損壊扱いになるんですよね。人間と同じ命のはずなのに、納得がいきませんよね。死んだペットを有料(1体3,000円)で引き取り火葬してくれるそうです。その後、慈恵院(府中市)に運ばれ、合同葬が行われた後に共同墓地に埋葬されます。

ペットが死んだらどこで火葬するの?

長年可愛がってきたペットには、すごく情があるので簡単に処分したくないという方も多いかと思います。そんな方にはペットの火葬をしてくれる業者がありますので、ネットで検索してみるとたくさん表示されます。その中から気になる業者へ連絡してみるとよいかと思います。
一般的にペットというと、ワンちゃんやネコちゃんのことをイメージする人が多いと思います。小鳥やハムスター、他に小動物・爬虫類など、ペットといってもたくさんの生きものがいます。犬・猫以外のペットはどうすればいいの?と思いますよね。先程紹介した慈恵院(府中市)へ直接連絡すると、費用はかかりますが供養してくれるようです。

ペットなど生きものを飼うときは、きちんと愛情をもって育てるのはもちろんですが、病気になったり死んだときのこともきちんと考えておく必要がありますね。死んだら、ゴミ箱に捨てるわけにはいきませんから…

ワンちゃんが死んだら届け出が必要

ペットのワンちゃんが死んだ場合、登録をしてある国立市役所へ30日以内に届出(犬の死亡届出書提出手続き)が必要となります。知っていましたか?猫ちゃんは必要ないんです。

国立市健康福祉部 保健センターへ(042-572-6111)問い合わせてください。

●国立市役所
死んだペットの引取りの連絡先 ⇒ こちら