上海料理 安晏(あんあん)

安晏

上海料理 安晏(あんあん)

以前、国立市の富士見通り中ほどにあった、上海料理 安晏(あんあん)<中華料理>のお店が、2016年12月末で閉店しました。

その後、オーナー夫婦は山梨県八ヶ岳方面に移住し、そちらでペンション&中華料理店をオープンされました。
外観は白い建物のペンションなので、中華料理のお店っぽくありません。

国立からだと、車で国立府中インターから約1時間半で行けます。
ちょっとしたドライブのついでに寄ってみるのもいいかもしれませんよ。

不定休なので、行かれる際には事前に電話で確認されることをお勧めします。

店名 上海料理 安晏(あんあん)
住所 〒408-0003
山梨県北杜市高根町東井出4986-1115
電話番号 0551-47-5099

国立にあったときの安晏(あんあん)

++++++ 以下の記事は、お店がまだ国立にあった頃の内容です ++++++

国立駅から富士見通りを750mほど西へ進んだ右側に、小さな青い壁のビルがあります。

そのビルの右手より階段を上がった2階に、
安晏(あんあん)という中華料理(上海料理)のお店があります。

中華料理って、どれも一緒と思っていたのですが、
中国は広いので地域によって、いろいろ味付けが違うそうです。

たしかに、四川料理とか聞きますね。辛い中華ってイメージがあります。

店内は、シックな黒基調の落ち着いたお店で、
静かな中国の音楽が流れ、落ち着く雰囲気のお店です。

カウンター席とテーブル席がありますが、
カウンターでマスターやママさんと会話しながら食べるのが楽しいお店です。

料理人はアスリートの風貌

安晏(あんあん)のマスターは上海出身で、クルーカットの髪型でマッチョな体型です。
Tシャツを着て調理しているので一見アスリートっぽく、料理人らしくない風貌です。
ややコワオモテですが、話していみると…優しく、おしゃべりで、明るい人柄で癒やされます。

癒やされる音楽を聞きながら食事でき、楽しい時間を過ごすことができます。

お店は奥様と二人でやっていて、アットホームな雰囲気です。
コップのお水がなくなると、すぐに注いでくれます。

上海出身のマスターは、年に数回、上海へ里帰りします。
そのときは、10日前後お店がお休みになります。

安晏(あんあん)の料理は美味しい

安晏(あんあん)のマスターが提供する上海料理は、
繊細な味付けで、じつに美味しいのです。

紹介した遠方の知人も、わざわざ足を運ぶくらいです。

始めての人は、ランチでお店を訪れてみては如何でしょうか?

ランチは、ハッキリ言って激安です。
これだけのボリュームで、この値段?って感じです。

時間があれば、夜にゆっくり行きたいお店です。
夜は、お店の状況により、早く閉店することがあります。

先に電話で確認しておくとよいですよ。

安晏(あんあん)のお店情報

店名 安晏(あんあん)
オススメ度 ★★★★☆(オススメ度 4)
営業時間 ランチ:11:30~13:00
夜:17:00~21:00
定休日 月曜日
住所 〒186-0004
東京都国立市中2-3-66
タキイシビル 2F
電話 042-577-5580